日帰り手術について

日帰り手術について
日帰り手術は身体面、精神面、経済面など
患者様に様々なメリットがあります。

手術と聞くと入院のイメージが強くありますが、眼科医院での手術は、手術の時間も十数分で終わる場合も多く、ほとんどの手術が日帰りで行うことが可能です。
日帰り手術は、術前・術後のお時間をご自宅でご家族と一緒にお過ごし頂ける事から精神的なストレスを感じることが少なく治療に専念して頂けます。
また、入院をする事もありませんので、経済的にも大きなメリットがあります。
適切な診断と術後のケアをしっかりと行えば安心して手術を受けて頂くことが可能です。

手術に関する注意点

入院されて手術される患者様と、日帰り手術をお受けになる患者様とでは、術後の痛みや合併症のリスクは同じです。
日帰り手術に関してご注意いただきたい点がいくつかございますので、ご確認くださいませ。

お渡しする書類
「手術同意書」をお渡しします。同意書に署名し、日帰り手術当日にご持参ください。
当日ご持参いただく物
手術同意書、手術説明時に処方した術前処置薬。
手術前の点眼薬
手術前より、手術を受ける目に抗生物質の目薬をさしていただきます。
食事について
手術当日は、軽い食事をして来院してください。
日頃飲んでいる薬は、手術当日もいつも通り飲んでください。

また、日帰り手術だからと言って、初めて受診された日にいきなり手術をすることは、緊急時を除いてありません。
基本的には、ご来院頂いた上で診察をさせて頂き、状態・経過等を診させて頂きご予約の上手術を行います。
手術前にもしっかりと術前検査を行わせて頂きます。今後の私生活において何に重点を置くのかなどもヒアリングさせて頂き、適切な処置・手術を行わせて頂きますので、ご安心ください。

しのだ眼科医院で可能な日帰り手術

その他の日帰り手術
翼状片
眼瞼下垂
緑内障
硝子体手術
糖尿病網膜症
黄斑上膜
黄斑浮腫
黄斑円孔
ものもらい
内反症(さかまつげ)

日帰り手術を受けられる方とそのご家族の方へ

日帰り手術のほとんどの場合、翌日や翌々日には視力の回復が見込める可能性がございますが、手術当日から翌日の健診までは眼帯をしてお過ごし頂く事が多く、運転や歩行などの日常生活に少なからずとも影響が出てしまいます。
その為、手術当日は可能な限りお付き添い頂き、患者様のサポートにご協力頂けますようお願いいたします。

日帰り白内障手術の流れ

手術前

手術前

外来受診

まずは、ご来院頂き目について気になる点などをお気軽にご相談ください。
経験豊富な医師により適切な診断をさせて頂きます。

手術の必要性の説明、手術内容の説明

手術が必要だと判断した場合、手術の必要性やメリットやリスクなどをしっかりとご説明させて頂きます。
ご納得いただけましたら手術日の予定を調整し、術前検査を行います。

術前検査

手術前に詳細な検査を行います。眼内レンズの種類や度数を決めるために必要なデータを取得して、手術を行う疾患以外に異常がないかなどを調べます。
近年、検査方法が進歩したことにより、手術後の見え方の質をより良くしたり、合併症の発生率を低下させたりすることが可能になりました。

事前に患者様の生活形態や趣味、仕事等の情報をよく聞き、眼の状態を精密に計測して患者様のライフスタイルにあわせて、眼内レンズの種類や度数を決定していきます。

手術当日について

手術当日について

手術当日は、可能な限りご家族や付き添いの方と一緒にご来院ください。
手術当日の朝食は通常通り召し上がっていただき、昼食は比較的軽めに済ませて頂けますようお願いします。

また、手術当日の服装については、なるべくゆったりとした服装でご来院ください。女性の方はお化粧はお控えください。術後は眼帯をして頂いたままご帰宅頂きますので、手術を受けられる患者様の運転はお控えください。

手術自体は、十数分で終了することが殆どです。お付き添いの方は待合室をご準備しておりますので、そちらでお待ちください。

手術終了後、しばらく安静にしていただき、スタッフから手術後の注意事項などの説明を受け、帰宅できます。手術直後は眼球保護のため眼帯や保護眼鏡を装着します。眼をこすったり直接さわったりして圧迫しないように注意してください。

翌朝の診察まで眼帯をはずさない方が安全ですが、片眼で不自由を感じる場合は、手術直後より眼帯なしにすることも可能です。ただし、寝るときなどは眼を圧迫するとよくない場合もありますので、手術後の数日間は就眠時に保護眼帯を装着する方が良いでしょう。

手術後は、普段通りに飲食を行って大丈夫です。ただし、飲酒は医師の指示がでるまで厳禁です。
お風呂は、手術当日は入れません。その後は、首から下のみ入浴可能となり、2日間程度は洗顔や洗髪が出来ません。3日目より洗顔や洗髪が可能となります。それまでは濡れタオル等で拭く等の方法が良いでしょう。

手術後について

手術後について

手術後の点眼治療と検診は大切です

手術をした後は、目の状態が安定するまでの約1~2ヶ月間の点眼加療と定期検査が重要です。通常は手術翌日、3日後、1週間後、2週間後、3週間後、1ヶ月後といった期間で検査を受けていただきます。術後の状態により、お薬の内容がかわることもあります。決して自己判断はせず、医師の指示に従って検査・通院をしてください。

異常を感じたらすぐに眼科へご相談ください

手術後には、比較的起こりやすい術後症状や、稀ではありますが合併症があります。「合併症」と聞くと、急に怖くなってしまうかもしれません。しかし、特に危険度の高くない、比較的起こりやすい合併症もあります。
これらは、手術前に正しく理解をしておくことで、手術と手術後を安心して過ごすことができるでしょう。合併症に対する知識も大事ですが、自覚症状や病気の判断は、ご自身でなさらず、眼科で検査を受けるようにしましょう。その上で、わからないことや不安なことは何度でも眼科医、そしてスタッフに質問をし、理解・納得をすることが大事です。

その他日帰り手術の流れ

日帰り白内障手術と細かな違いはあるもののほぼ同じと考えてください。
違いは術前検査がそれぞれの手術によって異なることと、手術時間が変わります。
術後の見えてくる時期も病気によって違いがありますので、疑問のある場合は直接スタッフにお尋ねください。

日帰り手術の費用について

手術費用は、保険適用ですので各負担額により異なります。
また、保険証以外に医療証等お持ちの場合は金額が変わりますので窓口でお尋ね下さい。

日帰り白内障手術費用の一例(片眼の場合)

高齢者(70歳以上)

1割負担 約15,000円
2割負担 約18,000円
3割負担 約45,000円

一般(70歳未満)

3割負担 約45,000円