緑内障

緑内障とは

緑内障はわが国の失明原因の第1位であり、40歳以上の国民の5%、すなわち20人に一人は緑内障になっていると云われています。
しかも初期には自覚症状はなく、見えにくいなどの症状がでた時は既にかなり進行していることが多いという厄介な病気です。
ですから初期のうちに診断し、早期に治療をはじめなければなりません。40歳を過ぎたなら、緑内障になっていないかと疑うことが重要です。眼科医の診察を受ければ緑内障かどうかわかりますから、不安な方は迷わず眼科医に相談してください。
もし、緑内障と診断されても早期に見つかれば、治療法もあり、(目薬の点眼が主な治療法になりますが、効果が少ない場合はレーザー治療や手術を行います)一生困らないで過ごせる人も多いのです。

緑内障の症状例
  • 少しずつ視野(見える範囲)が狭くなる
  • 頭痛や吐き気、目の痛み(急性の緑内障)

症状はゆるやかなので自覚症状はほとんどなく、両目でカバーしたりするため気づかず、知らないうちに病気が進行している事が多くあります。

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。自分自身で気付く事はありません。

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。

末期

視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障をきたすようになります。さらに放置すると失明に至ります。

緑内障の検査方法

緑内障は「眼圧検査」、「眼底検査」、「視野検査」、「OCT検査」に基づいて診断がなされます。
定期健診などで、いずれかの検査に異常があった場合は、必ずもう一度眼科医の診察を受けるようにしましょう。

眼圧検査

直接、目の表面に測定器をあてて測定する方法と目の表面に空気をあてて測定する方法があります。
緑内障発見のための重要な検査です。

隅角検査

主に診断のために行う検査で、専用のコンタクトレンズを用いて行います。この特殊なコンタクトレンズを患者様の目に押し当てて隅角を観察し、診断します。

眼底検査

視神経の症状をみるために、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合、陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変化し、大きくなります。健康診断などでは、よく「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」と判定されます。緑内障を発見するためには必須の検査です。

視野検査

当院ではFDT(簡易視野計)、静的視野計、動的視野計を完備しており、初期の緑内障から確実に診断できるような医療機器が充実しています(予約制)。

OCT(光干渉断層計)検査

乳頭周囲視神経線維層の厚さ、黄斑部の網膜内層の厚さを測定します。初期の緑内障の診断に有用な検査です。

緑内障の治療方法

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。
治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。
レーザー治療や手術を受け、眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。

薬物療法(点眼・内服)

眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の生産量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。
まず点眼薬からはじめ、最初は1種類の薬で様子をみながら、途中で変更したり、また2~3種を併用することもあります。点眼薬だけでは効果が不十分な場合、内服薬を併用する事もあります。

急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧のコントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。

レーザー治療

レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進します。比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。

手術

房水の流れを妨げている部分を切開し流路をつくって房水を流れやすくする方法や、毛様態での房水の生産を押さえる方法などがあります。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

変視症と中心暗点

加齢黄斑変性とはその名の通り、黄斑という視力に重要な部分に生じる疾患で高齢者の失明や視力低下の大きな原因の1つになっています。平均寿命が延びるに従い、この病気も増加してきています。診断にはOCT(光干渉断層装置)や蛍光眼底撮影等の検査が必要ですが、特に患者様に負担の少ないOCTは大変な威力を発揮します。当院はこの最新鋭の装置をそろえ、診断に役立てています。治療は病型によって異なりますので、当院ではこの病気と診断した場合、専門病院に紹介し、そこで治療方針を決定してもらい連携して当院で可能な部分について治療を行っております。

加齢黄斑変性の原因としくみ

眼の基本構造と黄斑部の断面図

加齢により網膜、脈絡膜が萎縮し、網膜に良くない血管(新生血管)が生えてきます。
新生血管が破れて出血したり、血液中の成分が漏れ網膜浮腫(水ぶくれ・むくみ)が出現します。
治療が遅れると失明する(視力0.1以下になる)病気のひとつです。

喫煙者に多くみられることが報告されています。
50歳以上の人の約1.2%にみられ、高齢になるほど多くみられます。
日本人では男性に多いです。(高齢者における男性の喫煙率が高いため)食生活の欧米化とともに増えてきている疾患です。

加齢黄斑変性は、日本では視覚障害の原因の第4位にあげられる、目の代表的な疾患のひとつです。

加齢黄斑変性の検査方法・治療方法

検査では、視力検査、眼底検査、蛍光眼底造影検査、光干渉断層計検査を行います。
治療法としては、萎縮型については未だに有効な治療法はありません。
滲出型には、抗血管新生薬療法(抗VEGF抗体療法)と光線力学的療法(PDT)があります。
当院では光線力学的療法は行っておりませんので必要な患者様は施設のある病院を紹介しています。

硝子体手術

硝子体手術について

硝子体手術について

硝子体は、水晶体の奥にある、卵白のようにドロッとしたゼリー状の透明な組織で、眼球の大半を占め、眼球の外側を覆う強膜とともに眼球の形態を保持しています。硝子体が何らかの原因により網膜を牽引したり、濁ったり、出血したりすると、視力低下のほか様々な目の障害が引き起こされてきます。
この硝子体内部に起こった疾患を治療する目的で、眼内の出血や濁りなどを硝子体と一緒に取り除く手術が硝子体手術です。眼科領域で最も高度な手術の一つで、非常に細かい作業を必要としますが、手術装置や手術技術の進歩により、その安全性は大きく高まっています。

糖尿病網膜症の手術

症状の進行とともにレーザー治療(網膜光凝固)を行ったりします。
重症の場合は、硝子体手術を行います。

黄斑円孔の手術

硝子体手術で原因となった硝子体を切除し、さらに再発を減らすために内境界膜という薄い膜を剥がします。最後に目の中にガスを注入し、円孔を閉鎖させます。術後、患者様には数日間にわたって「うつ伏せ姿勢」をとっていただきます。最近では、手術をすれば、ほとんどの黄斑円孔は閉鎖するようになっています。また、1回の手術で9割の人は、不自由無く暮らせるレベルの視力を取り戻します。

網膜剥離の手術

早期の網膜裂孔のみの場合は、外来でレーザー治療を行います。網膜剥離まで進行した場合は、硝子体手術を行う必要があります。早期の網膜剥離なら90%以上が手術により網膜は復位(元の位置に戻ること)します。また、網膜剥離の範囲が小さく、罹患期間が短いほど手術後の視力予後は良好です。

硝子体出血の手術

網膜剥離を併発した場合は、剥離の手術と共に硝子体手術を行います。その他血管閉塞に伴うものなどは病状により、処置が異なる場合があります。

黄斑上膜(前膜)の手術

黄斑の上に張った異常な膜のため、視力低下や歪んで見える症状が強い場合、硝子体手術でこの異常な膜を除去します。症状の改善は術後ゆっくりであり、個人差があります。約半年から1年を要することもあります。