白内障の症状

白内障とは

正常な目の正常な目と白内障の目の見え方

白内障とは、水晶体という目の中にあるレンズがすりガラスのように白く濁り、ものが見えづらくなる病気です。水晶体は目の中でカメラのレンズのように焦点(ピント)を合わせたりする役目を担っています。

症状としては視力の低下、霧視(曇って見えたり、かすんで見えること)、まぶしく感じるなどがあり、いずれもある程度進行し、日常生活に不便になるほどの視力低下が起これば手術が必要になります。

発症の原因は、加齢に起因することがほとんどです。中には、先天性のもの、アトピーや目の外傷、その他投薬時の副作用によって白内障になる場合もあります。

現在の医療では、投薬治療により症状の進行をある程度抑えることは可能ですが、視力や視界の改善を図る為には、手術を行う事が最も効果的です。

手術の時期は日常生活に不便を感じる頃でよいのですが、その人の生活や仕事によって適切な手術の時期は異なりますので、気軽にご相談ください。
ただあまり進行すると緑内障発作をおこしたりして、手術も難しくなり、視力の改善という観点から不利になることもありますので著しく視力低下する前に手術をするほうがよいと考えています。

白内障の症状の代表例
  • 目がかすむ
  • ぼやけて見えにくい
  • ものが二重三重にだぶって見える
  • 光がまぶしく感じる
  • 視力の低下
  • 眼鏡の度数があわなくなってきた

白内障の治療

白内障の治療について

白内障の治療について

白内障かもとご自身で思ったり、医師により白内障と診断された場合でも必ずしもすぐに手術をしなくてはならないわけではありません。
日常生活にあまり支障のない初期の段階であれば、点眼薬(目薬)で症状の進行を遅らせることも可能です。
ただ、点眼治療はあくまでも症状の進行を遅らせるもので、水晶体の濁りや視界の曇りが改善したり視力が回復するわけではありません。日常生活に支障が出てきたり、医師の判断により手術が提案された場合は、白内障の手術をお勧めいたします。

白内障の日帰り手術について

白内障の手術について

白内障の手術について

しのだ眼科医院での白内障手術は、全例日帰り手術を行っています。
現在の医療では、白内障の手術は入院する必要がない場合が多いと言われており、当院でも適切な診断を行ったあと日帰り手術をご提案しています。

当院では入院施設はありませんので重症の病気をお持ちの患者様、あるいは特別な難症例の場合のみ入院施設のある病院を紹介しております。

手術前の検査について

手術前の検査について

手術に問題がないかの検査をします。同時に白内障以外の目の病気がないか診察し、手術後に充分な視力回復が得られるかを調べます。
他の病気が見つかった場合、どの程度の視力回復が可能か、手術をしたほうがよいかを事前によく相談して決めます。 手術が決まれば、手術日、眼内レンズの度数を決め、術前に必要な目薬を開始します。術前は普段通りの生活でよいです。

しのだ眼科医院では、白内障の治療をするだけでなく、患者様の今後の生活の事までしっかりと考慮し眼内レンズの提案などを行っております。

白内障の日帰り手術

日帰り手術、手術時間約15分、手術例5000超、翌日から視力改善

手術日は待ち時間などを含め2時間ほどの院内滞在となりますが手術時間は10分から15分です。
症例によってはまれに30分以上かかる場合がありますが大抵の場合は事前に時間がかかることをお話できると思います。(白内障といってもその進行の程度や他の合併症の有無で手術の難易度が変わるためです。事前によく診察することで手術の難易度はかなりの程度予測できます)
当院ではこれまで9000例を超える白内障手術をしてきましたが、ほとんどの患者様は点眼麻酔で痛み無く手術が可能です。ごく一部の痛みを訴える患者様には麻酔を追加してその後は痛み無く手術を終えています。手術方法は眼球に約2.5mmの切開創を作って、白くにごった水晶体を超音波装置で砕き吸引します。その後、折りたたみ式の人工レンズを眼内に挿入して手術を終わります。
ほとんどの場合、手術翌日から視力が改善しますが、しばらくの間、視力は多少変動します。
術後約1ヶ月程度で視力が落ち着いてきますので、必要に応じて眼鏡の処方を致します。

手術後について

白内障手術後の注意点
  • 手術当日は眼帯をしたままに
  • 目をこすったり、押したりしないでください
  • 入浴は可能ですが、目に水がかからないようにしてください
  • 洗顔、洗髪は術後2日目以降から

当日は眼帯を着けたままで帰ります。
他眼の視力が悪い場合、または本人が希望する場合は透明な眼帯、保護めがねを使用して多少でも術眼で物が見える状態で帰ります。
翌朝、来院してもらい、視力を測ります。殆どの場合、翌日から視力の改善がみられます。
この日より眼帯をはずし、普通どおりに目を使ってかまいません。ただし、目を強くこすったり、押してはいけません。
入浴は可能ですが、目に水がかからないようにしてください。
洗顔、洗髪は2日目から可能です(顔の清拭は翌日からかまいません)。
術後、2~3ヶ月は通院、点眼が必要です。とくに目薬は炎症をおさえ、感染を予防するために重要ですので勝手にやめないようにしましょう。
手術直後は充血や違和感(ゴロゴロ、チクチク)などの症状がでることがありますが1~2週間で次第におさまります。 1~2ヶ月で視力も安定してきますと必要に応じてめがねを処方します。