多焦点眼内レンズについて

ADVANCED

多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズとは

白内障の手術にはレンズの種類に「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」による手術があります。

単焦点眼内レンズとは、白内障の症状でもある水晶体(目の中にあるレンズ)の濁りを取り除くには十分な機能があります。しかし、単焦点眼内レンズによる手術のあとには「遠く」「近く」のどちらかの距離でしか焦点を合わせることが出来ない為、必ず眼鏡の着用が必要になります。

一方、多焦点眼内レンズでの白内障手術では、複数の距離で焦点を合わせることが出来る為、多くの場合で眼鏡の着用が不要になるケースが多々あります。もともと眼鏡を常用されていた重度な近視の人でも多焦点眼内レンズを用いた手術をした後の方が優れた視力になる可能性も高くなります。

多焦点眼内レンズのメリット・デメリット

通常の見え方とハロー・グレア現象

メリット

約9割近い患者様が眼鏡なしの生活を送ることが出来ると言われています。
老眼鏡の必要がなくなったり、眼鏡なしでの運転などが出来る可能性があります。

デメリット

最大のデメリットとしては、保険適用外の手術になる為、治療費が高額になる事です。
また、必ずしも誰でも手術可能と言う訳ではなく、白内障の進行具合など医学的な検査によっては多焦点眼内レンズの適応外になる可能性もあります。

また、夜間にはグレア、ハローといって光がぎらついたり光輪が出たりして見えることもあります。 多くの場合は数ヶ月で軽減し気になるほどでないとおっしゃる方が多いです。

多焦点眼内レンズにおける注意事項

眼鏡の必要性について

近くと遠くの両方にピントを合わせることができるため、通常の生活で眼鏡を装用する可能性はほとんどありません。
しかし、若い頃のようにどの距離でもくっきり見えるわけではなく、中間距離(50cm~1m)や、長時間読書をするときなどは眼鏡をかけた方が楽に感じる場合もあります。

順応期間について

多焦点眼内レンズを通した見え方に慣れる為の時間があり、手術直後から最良の視力が得られるとは限りません。
人によっては半年くらいかかる方もおられます。

見え方について

「像がくっきりみえない様な感じがする。」(コントラストの低下)と感じる場合はありますが、日常生活に支障をきたすことはありません。
手術後の経過とともに、その症状は改善されていきます。

暗い所で強い光を眩しく感じる「グレア」や、光の周辺に輪がかかって見える「ハロー」という見え方が生じる場合があります。
これもほとんどの場合、時間が経ち、見え方に慣れる事で気にならなくなります。

手術に伴うリスク

手術に伴うリスクはゼロではありません。通常の白内障手術に準じます。多焦点眼内レンズ挿入予定で手術を開始しても、広範囲の後嚢破損、チン小体断裂などにより、眼内レンズを挿入できない場合があります。